スポンサーリンク

 

こんにちは!

この記事では、iPhoneで録画した長い動画をMacに素早く転送する方法をご紹介したいと思います。

 

まず、はじめにiPhoneとMacをUSBで繋ぎ合わせます。

(分からない人のために説明しますと、iPhoneの充電器は四角個体の部分をケーブルから取り外せます。取り外していただき、そのケーブルをMacbookに接続するためにUSB CをMacに接続して、繋ぎ合わせましょう。)

 

 

次にMacのアプリケーションから”イメージキャプチャ”というアプリを開きます。
(※”イメージキャプチャ”はMacにあらかじめインストールされているアプリケーションです。)

 

 

”イメージキャプチャ”を開きますと、iPhoneの写真や動画が表示されると思います。

 

そこから転送したい画像・動画を選択していただき、(転送先はデスクトップでよければそのままでOK!)右下の”読み込む”をクリックすれば、そのままMacに転送されます。

 

”全てを読み込む”を押すと、iPhoneに保存されている画像や動画の全部がMacに転送されますのでご注意を。笑

 

僕はいつもイメージキャプチャを使って、iPhoneからMacbook proに動画を転送していますが、圧倒的に速いです!

 

試しに40分くらいの動画を”イメージキャプチャ”で送ってみましたが、2分もかからない内に動画の転送が終わりました!なので、転送するためのアプリなどが別サイトで紹介されていますが、おそらくこの方法で問題ないかと思います。

 

皆さんがよく知っているAirDropについては、画像を転送する場合に関しては問題ないのですが、長い動画を転送する場合、膨大な時間がかかる、もしくは途中で停止してしまいました。(体験談)

 

なので画像をiPhoneからMacに送る際はAirdrop、長い動画を送る際は”イメージキャプチャ”を使うといいかもです!^^

スポンサーリンク
おすすめの記事